武道からの視点で、子育てに本気のお母さん安心をプラス!

学生と6年生のレクリェーション(2022年5月8日)

\(^◯^)☆彼らのこんな様子が見たかった!

人気ラーメン屋での長い待ち時間・・・
でも、おしゃべりの声は弾んでる!
ショッピングモールでは、自由行動で羽を伸ばし、

「河原へ行きたい!」「じゃあ行こう!」
と、河原に着いたらジャブジャブ・・・(おいおい;)
「つめてー!」「すべるー!」って・・・いい顔♪

そうだよ、その顔だよ。

「県南公園いくー♪」「よし!わかった。」
とUターンして引き返し、
夕暮れ時にアスレチックで遊びまくり!
さすが10代、躍動感のある動き!

そうだよ。
そんな風に毎日を生きてほしい・・・

あなたたちへの「〜しなくてはならない」は出来るだけ減らそうね。
あなたの人生は、あなたのちからで切り開いて行くんだから。

「このまま、自殺・うつ・引きこもり等が増え続けるのを見ていられないよ・・・」(※館長こころの声)

子ども達の給食に有機食材を!(2022年4月24日)

「子ども達の学校給食にこそ 有機食材を!」

これは「小山っ子の未来を守る会」のメインテーマです。
(事務局:空手道養真館)
(副会長:橋真美)

会の活動が認められ、4月24日の講演会では
@小山市長 浅野正富氏
@小山市農政課課長
@小山市有機農業推進協議会職員
はじめ多くの方が出席され、

「小山市は、学校給食の有機化で、有機農業を推進します!」
と宣言して頂きました。

「子どもの心と体を健康に。」
「安心できる未来をゆずり渡したい。」
そう思っている大人はたくさんいます。

子ども達から見て、【それを今日も実践している大人】であろうと、決意を新たにしました。

お花見は(2022年4月7日)

 養真館のお花見は、落ち着いて仲間たちと楽しめる、大人なイベント。歌ったり騒いだりせず、会話から学びも多い、価値ある時間です。

が・・・来年まで延期とし、
「今年も、雰囲気だけね ♪」と、かしわ餅とドリップコーヒーでおしゃべりを。

最年長Hさんの「太平洋戦争の話」にはグイグイ惹き込まれ、講演会を企画したいくらいでした。桜とお酒があれば、もっと色々聞けたかしら^^

来春を楽しみにしましょう!
道場の床下の高級ワインも、さらに熟成されますね!

あげもち「いただきます!」(2022年1月7日〜)

「今日から“あげもち”をやります♪」
「いえーーい!」\(^◯^)/

今年はみんなで食べましょう!
健康のためにも、楽しくて美味しいことをやろう!
※ 昨年は(何十年も続けてきた)みんなで食べるのを断念し、小袋に分けておモチ帰り頂きました。

稽古が終わるころ、せっかく集中してるのに、油のいいニオイが漂ってきます。今年は、デカいのや醤油たっぷりのを選んだりはできません。紙コップに配られたのを頂きます。それでもみんなで稽古した後の“あげもち”は本当に美味しい。

「やっぱここで食べるのが一番うまいわー^^」
「だよねー♡」

ありがとう!
みんな繋がってるからだよ。
いっしょに食べるのが幸せだからだよ。

鏡開き(2022年1月10日)

「元気に活動して健康な一年に!」
今年も例年とは形式を変えて、鏡開きを行いました。

@クラスごとに分けて少人数で
@みんなでワイワイお餅を食べる代わりに、和菓子をパッと食べてサヨウナラ
@内容は、お母さんたちに見てもらう事より、術が発生する状態に向かう事をメインに

そして今年も・・・子どもたちの【衝突しない調和的な力】に、「すーっと自然で引っ掛からないなあ」と感心しました^◯^/

スポーツ化していない空手道は、自覚できない面白い力を体現させてくれます。今年もコロナに心を奪われず、自分自身に希望がもてますように!

初稽古(2022年1月1日)

新年おめでとうございます。
スカッと快晴!気持ちのいい元旦です!

今年も、5歳から60代まで、老若男女が初稽古にお見えになりました。笑顔があふれ、道場全体がキラキラした雰囲気です。「元旦から稽古しに来た」その心が、表情も空気も爽やかにさせるのでしょう!

稽古は「ありがたい」と「気持ちいい」に満たされた時間となりました^^。

流行り病も気がかりですが、
「新年を、無事に生きて迎えられた事」
「仲間と、笑顔で時間を共有できる幸せ」
が先で、それを味わえる状態でいたいと思います。

アンパンマンが描いたアンパンマン(2021年12月25日)

稽古が終わり バスでの帰りを待つあいだ
5・6年女子が軒下に ジャリで描いたアンパンマン

ここしばらくしょんぼりな バスの仲間の一年生
彼を笑顔にしようと 引き込んで
みんなでワイワイ完成させた

はにかむ笑顔を横目に 彼女たちも嬉しそう
子育て・仕事 みな同じ

誰かのためは 自分のため
誰かの笑顔は 自分の幸せ

クリスマスお茶会(2021年12月23日)

「クリスマス会をやりましょう!」との嬉しいお誘い。
午前の稽古は、今日が今年最後です。

稽古の後に、道場でひなたぼっこしながらのコーヒータイム。道場を満たす、さっき挽いたばかりのコーヒーの香り。「ん〜〜♪^^」

そして、おしゃれなクッキーやおせんべいが山盛り!
「食べ切れるわけありません!」
「道場の子どもたちに分けて♪」

「人間」だもの、人との繋がりが、元気のミナモト・・・
今年一年、気づきや進歩を分かち合って下さってありがとうございます。
メリークリスマス!

昇段審査と忘年会(2021年12月5日)

昇段審査と忘年会が行われました。(撮影:7歳女児)

年に一度の昇段審査は、皆さんに囲まれた中で、一人ずつ行います。キーンとした空間・・・すばらしい緊張感です。

忘年会は広々とスペースをとったので動き放題。道場中が、笑顔と楽しそうな声で満たされました。
今年も、ワインにシャンパン、高級ウイスキーに高級日本酒、ケーキまで、沢山の差し入れありがとうございます!それも10年も20年も来てくださっている古株の方々から。感謝感謝です。

こんなご時世ですから、皆さんと歓談できるありがたさが沁みわたります。新年を機に、本当に健康な毎日にしていきましょう!

「関東一本締めでお願いします!」
「ぃよーおっ!」

5・6年女子だけのショッピング♪(2021年11月28日)

やってみました初企画!
【マスク・ソーシャルディスタンス・黙食】は、思春期の女子たちにはキツい・・・という館長の思いにより、思いつきで発案したら予想以上の反応でした^◯^/

@行列のできる人気ラーメン店 → A佐野アウトレット+イオンでショッピング に、なんと7時間です!

移動中のバスでもラーメン店での待ち時間でも、彼女たちの笑顔とはじける声は止まりません!グループでの自由時間(出発時間までおまかせ♪)から戻ってきても、出発時と変わらぬ元気。ここぞとばかりに持ってきたお小遣いで、「爆買いしちゃった♪」ですって!(笑)

表情や動きに躍動感があり、「毎日、こんな状態で生活したら才能発揮まちがいなし!」と確信しました。同年代の子と、気兼ねせずワイワイ過ごす時間は、彼女たちのエネルギー源であり、必要不可欠のようです(男と違うからと笑ってはいられない)。

夜、暗くなってから解散した時も、名残り惜しそうなカオで、印象的でした。(こんなに楽しんでもらえると思ってなかった〜。^^;)

新しい子の小人数レッスン(2021年11月18日)

^○^「仲間になったばかりの子に安心してもらえるように」と、いつもの稽古とは別に、2ヶ月に1回開催しています。

つかまえっこでリラックスした後は、道場の探検です。
いつもは開けてはいけない扉・・・先生の部屋・・・みんなワクワクいい顔をしてくれます。

★「ここはシャワー室だよ。」「せまーい ♪」
★「これはヌンチャク。カッコいいかもしれないけど、たぶんあまり使えない。」「ふ〜ん。」
★「道場の床はこんなに厚い板だよ。柔らかくて身体に優しい。でもツメで字が書けちゃうから気をつけてね。」「ほんとだー。」

探検が終わったら、立ち方や正座、手の握り方などをやりました。突きや受けもやりましたね。それにしてもみんなの真剣な顔がかわいい!
これからもよろしくね!

あなたたちの個性が、のびのび開放されますように!(^◯^ ♪

初代館長10年目の命日(2021年11月13日)

今日は、初代館長(橋英充範士九段)の10回目の命日です。
昭和49年に、小山市に空手道場を設立し(当時は珍しかった)、37年間空手道ひとすじに生き抜いた先生です。

あれから10年もの間、地域の皆さまが当館に来て下さり、気付きや進歩・成長を分かち合えることが本当に幸せです。ありがとうございます。

※ 床の間の掛け軸は、初代館長の書で、毎年11月13日から年末まで飾られています

演武会(2021年10月24日)

★「あの子の【お母さんへの挨拶】に涙が出た!」
★「ウチの子が堂々としていて感動した!」

今年も規模を縮小し、道場で3回に分けて行いました。
来賓の先生方もお呼びせず、お手伝いの学生も最小限にしました。
例年より距離が近いので、演武する子の真剣な眼もよく見えます。

★「ふだん見られない真剣な姿を見られて頼もしかったです!」
★「親の目や、学校の評価が届かない【斜めの場】があることがありがたいです」
★「子ども達の【調和的な力】の実演を見て、【子ども達から力を貰えるから大人も頑張れる】のだなあと思いました」

たくさんの感想を頂き、ありがとうございます。
子ども達の存在は私達の希望そのものです!
毎日元気でいてくれてありがとう!^^)

やってみる合宿(2021年8月8〜9日)

道場で開催するこの合宿は「自分で決めて、自分でやる」がコンセプト。合宿中は「悔しさで泣いてしまう」、家に帰ると「安心感で泣いてしまう」、そんな様子がふつうに見られる人気のイベントです。

今年は返事の「はい。」を大切にしました。
「はい」と返ると行動が早くなります。「決めることの怖さ」も消えます。

「よごれた食器こっちに持ってきてー」
「おまえ扇風機消して。おれ窓閉めるから。」
「先生。お賽銭の10円はグループの財布から出すんですか?」(家計簿と現金が合ってから自由時間)

「言われてからやる」と「自分で決めてやる」の違いはスゴい!
「みんなの役に立っている」時のなんとイキイキした背中!
毎日こんな姿で生活してほしい!

那須での合宿(2021年7月27〜29日)

イキイキと遊んでいる姿!がんばっている姿!(^◯^)/
こんな世の中だからこそ、子ども達の躍動する姿に幸せを感じます。

今年は少人数にして合宿を行いました。
赤面山登山では、3合目の沢で遊んで帰りました。「ここ、入っていいの?!」「ペットボトル冷やしてもいいの?」
もちろん♪ もちろん!!
間もなく悲鳴が聞こえます。「うわぁー!靴ぬれたー!」
「私たちも入っちゃお?」(女子たち)
子どもが子どもらしいって、当たりまえのようだけど、大人をハッピーにしてくれます。

空手の稽古も頑張ったね!
部屋でも、ビンゴ大会の景品で遊んでくれてありがとう!
どうぶつ王国でも疲れるまで歩き回ったね!
ウチに帰ったら、ぐっすり寝たらしいね!^^

コロナ禍の中、あなた達が成長していく時間を一緒に過ごせて、本当に有り難いです。

抗ウイルスコーティング施工(2021年7月5日)

7月に入っても涼しい日々が続いています。
東京オリンピックも開催されますが、どのような夏になるのでしょうか。

さて、暑くなる季節に向けて、道場内の抗ウイルスコーティングを再施工しました。子ども達が安心して動き回れますように。

また、これまで道場での活動において、コロナウイルスの感染を防ぐことができているのは、皆さまのご協力のおかげです。改めて御礼申し上げます。

抗ウイルスコーティング施工(2021年3月31日)

満開の桜の中を、子どもたちが登校していきました。今日は離任式ですね。

長年その学校に勤め、かわいい子ども達の成長を目の当たりにしてきたのに、離れて行かなくてはならない先生の気持ちをお察しします。

さて、新年度を迎えるにあたり、道場の必要箇所の、抗ウイルス・抗菌コーティングの施工が完了しました。玄関の式台が滑りやすいのでお気をつけ下さい。

季節は春まっただなか。
スイセンも咲き誇っています。

スティーブン師範に粋なプレゼント(2021年3月2日)

養真館カナダ道場のスティーブン師範が稽古に参加されました。

2年ぶりとなる今日は、「同じ所作でも、心で動く時と合図で動く時では、身体が違うこと」などを体験しました。澄んだまっすぐな瞳で話を聞かれている姿が印象的でした。

稽古後の桃の節句お茶会では、前館長夫人から、師匠の形見の品である半纏(はんてん)がプレゼントされました!渡す夫人と着せられるスティーブン師範を見ながら、私たちも嬉しいような恥ずかしいような気持ちになりました。また発見や進歩を分かち合いましょう!

むらさき帯おめでとう!(^◯^2021年2月)

今年度の進級審査が終わりました。
小学生の紫帯は3年ぶりです。

当館の子ども達は、証書や帯を受け取っても、声を上げて喜んだり大きな態度をとったりしません。
上級者ほど、静かに受け取り、普通に帰ります。

★進級できなかった仲間が隣にいるのを知っているからです。
★一生懸命頑張ったのに、自分の名前が呼ばれなかった経験がたくさんあるからです。
★それと、ちびっ子の頃から、そういった先輩たちを見てきましたからね。

コツコツ積み重ねて、大切なものが身に付いてきている自分に、大いに期待して下さい!

大掃除(2020年12月27・29日)

「今回の大掃除のテーマは、迷ったらやらない!」(^^;)

毎年、学生たちの体力に甘えて頑張りすぎてしまうので、最初にこう宣言しましたが・・・

「窓のサッシもやらなくちゃねえ。」
「やりました。」
「玄関の上のクモの巣は?」
「やりました。」

みんなマジメ!(^◯^)
本当にありがとう!
君たちが来てくれるから、今年も頑張ってキレイにしよう!って思えるよ。
元旦の初稽古が楽しみになるよ。

バス旅行(2020年9月20日)

「子ども達の元気を取り戻さないと!」と、企画したバス旅行。
またまた雨の予報をくつがえしました!(^◯^)/ヤッター

那須どうぶつ王国では、話題のスナネコの赤ちゃんに歓喜の「きゃ〜♡」
そしておみやげを選ぶ時は、所持金を残さないよう10円単位で計算し、
かけ流し100%の貴重な温泉でバシャバシャはしゃいで・・・
到着するなりトイレをお借りしたラーメン屋でも大騒ぎして・・・

まったく!!!

コロナ自粛による弊害が問題になり始めているにもかかわらず、
元気で困らせるあなた達は立派だ!楽しみだ!(○^一^○)

頭に「うひょー!」;^◯^;(2020年 夏)

今年も暑い!
道場で稽古したらもっと暑い!

今年の夏も、休憩時間に頭にシャワーをかけます。
水道の蛇口はもちろん全開!
ぶしゃー!! 「ひょ〰〰!」;^◯^;

汗だくの顔に笑顔が戻ります。
さあ! あと15分! 集中しますよ!

七夕かざり(2020年7月3日〜)

今年いただいた笹は大きな笹 天井に届いてます

面白がって短冊に向かう姿は 明るくしなやかな心の表れ

「何を書こうかなあ」と 気持ちが決まる前から 短冊の前でペンを構えている

@ おもしろがってペンを取る
A 願いを心に浮かべる
B 言葉にして書く

まさに 夢を実現するステップそのもの

笹に願いをぶら下げただけでは 目標は達成しない?

いえいえ。

活動を自粛します(2020年4月17日〜5月6日)

 4月16日に、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が全国に拡大されたのを受け、当館も活動を自粛することにしました。
通常の稽古は5月6日までお休みとさせて頂きます。

こんな時こそ、「忙しくてそれどころではない!」と、いつも後回しにしてきたことをやりましょうか。

ターゲットは「緊急性はないけれど、本当は大切なこと・・・」

バーベキュー(2019年9月15日)

 スカッとした秋晴れ。絶好のバーベキュー日和。

うちわで炭火をパタパタ・・・煙のせいでシブい顔。
手際よく野菜を切っていく女性たち。「今年のお肉は高級品ですって」

幹事さんが、道場に忘れ物を取りに行っている間に、肉も野菜も焼き上がってしまいました。ごめんなさい!カンパーイ♪(^◯^)/

カラッとした天気に、ビールがサラサラ喉を通ります。
ネギのホイル焼きがふんわり甘い!霜降り和牛、ししゃも、エビ、おいしい!

子どもたちは広い芝生に飛び出していきます。
さっきまで焼きマシュマロをふーふーしてたのにね。

向き合った赤い顔は、道場の顔よりゆるんだ表情。
もう秋ですね。また頑張りましょう!

お花見(2019年4月7日)


まさに絶好の花見日和!
淡いピンクが、水色の空に柔らかく映えます。

桜もちょうど満開でしたが、今年は会員さんの都合も合ったようです。(老?)若男女が30名集まり、多様な話題で笑顔が咲きました。

毎回、珍らしいおつまみを差し入れてくれるM君。今年のスイーツは、隠れて一人で食べたいほど美味しかったです。
毎年おばあちゃんと参加のN姉妹ちゃん。この一年で急にお姉さんになったね。成長が嬉しいです。
先月、定年退職されたKさん。辛いときも、ステキな笑顔を子どもたちに降り注ぎ続けてくれました。お疲れさまでした。

お酒が飲めないのに毎年参加のHさん、花粉症で辛いのに爽やかに過ごしてくれたYさん、飛び入り参加のいつもニコニコHちゃん、仕事があるのに時間限定で来てくれたTさん、楽しく過ごしてくださってありがとうございました。

来週もやりましょうか?(笑)

学生の新年会(2019年2月17日)

 今年も定員いっぱいの学生たちが参加!ありがとう!
小学6年生から元学生の社会人まで、年齢幅15歳の若者たちです。

さて、景品を持ち寄ってのビンゴ大会では、個性の際立つ品をもらって大笑いしました。ショッピングモールに出かけては、くじ引きによるペアショッピングタイムを設け、いつもは一緒に歩かないような人との時間も楽しみました。(デレデレの顔を写真に撮っておけば良かった!笑)はじめはテレている学生も、相手の好みに添って行動するうちに、表情が柔らかくなってきます。違う価値観や感性に触れて、面白い時間になったようです。

その後は有名佐野ラーメン店に押しかけ、集団で絶品ラーメンをすすり、道場に戻ってからは、恒例のトランプに超集中!罰ゲームで素敵な顔になったおとなし目な学生たちよ!実は、それを書いた先輩たちもおとなしめな子だったのですよ!^^

今年もまた春が来ます。朗らかにいきましょう!

クリスチャン一行が来館(2016年11月11日)

 30年ほど前に、養真館に習いに来ていたクリスチャンが、オーストリアから来られました。創設者である範士の命日に合わせて、沢山のお弟子さんを連れて来てくれました。2〜30代の背の高いイケメンばかり。体力も溢れんばかりにみなぎっていて羨ましい限りです(笑)。

印象的だったのは、彼らの澄んだ瞳と誠実な姿勢です。当館で重視していることを一緒に体験しましたが、とても謙虚な様子でした。
 
忙しい旅なのに、はるばる栃木まで来て下さってありがとうございます。またいらしたときは、進歩を報告し合いましょう!

アメリカの仲間たちと交流稽古(2015年11月11日)

 アメリカで空手を指導されている先生方が、交流に来て下さいました。
遠山寛賢先生という、同じ先生を祖に持つ仲間たちです。

11名もの大きな外国人に、興味津々で話しかける子や、大泣きしてしまう子・・・いつもとは全然違う雰囲気で稽古しました。だいぶ気合いの入った稽古になりましたね♪(笑)

稽古後は、プレゼントを頂いたり、写真を撮り合ったりと、可愛がって頂きました。
挨拶がきちんとできることや、みんなで雑巾がけをする様子に感心していましたよ。

実は、以前に、養真館の前館長の指導を受け、その恩返しの気持ちで来てくださったようでした。
地球の向こう側から、たくさんの同士に来て頂いて、嬉しかったです。
ありがとうございました。

<トップページへ戻る>