わが子を信じて大正解! ぶれない自信がつていきた! ママにも自信がついてきた!

空手と子育てが繋がった!

 ご覧いただきありがとうございます。
お子さまの個性は十人十色ですが、ここまでは、よく見かけるケースでご紹介しました。

さて、私は子どもの頃、こんな感じだったのをよく覚えています。

  • 幼少のころ、何かを決める時「お母さんが笑顔」だと安心だったこと
  • その安心感が、稽古の中でフラッシュバックするのです。 自分の努力ではない力で「相手がスーッと軽く崩れる」時は、お母さんがニッコリうなずいた時の安心感・一体感そのものです。最初から出来るような気がしてた!とさえ思います。

また、この感情も強烈に覚えています。

  • 11〜15歳のころ、「勉強やったの?」と聞かれると、とたんにやる気のすべてを失い、ふてくされたこと
  • この信頼されていない孤立感!^^;)
    イケると思った技が、カチッと引っ掛かってダメージが自分に来た時の、何とも情けない感覚そのものです。

「空手も子育ても、繋がりが大切だ。」と分かってきて、とても楽しいです。 一体感・安心感がある時、人は自動的に真価を発揮するらしい・・・それは頑張った力とは次元が違うようだ ・・・
 

NEXT ➡「館長の子育ての目的地は」

<トップページへ戻る>