⇒ あなたのお子様が、自分で決めて、どんどんやり始める

館長は 生まれつきの「子ども大好き人間」

 こんにちは。館長の橋政雄です。
子どもの頃の私は、運動能力は低い方で、強くもありませんでした。そして、マジメでおとなしい長男くんでした。

ただ、子どもが本当に大好き!
「子どもの気持ちに共感できる」特長は生まれつきで、母からは「空手よりよほど素質がある」と言われていました。

若い頃は幼稚園でたいそうの先生をしていました。かわいい園児にもみくちゃにされ、よだれでベトベトにされ、クラスの先生に「よくやりますねえ」と呆れられたのも懐かしい思い出です。

※ 2019 やってみる合宿

子どもたちと接し続けてきて、いくつかの思いが引っ掛かっていました。

  • 幼稚園の頃は、名前も知らない子とも、すぐに「お友だち」になれた。どうして友達が「ライバル」に見えてきたの・・・?
  • 「誰かより上になる為に頑張る」より、先に満たすべきものがある
  • 子どもの頃「勉強やスポーツが得意なこと」と、社会人になって「幸せに自分らしく生きていること」は、あまり関係がないようだ

 そして、それらの答えが、意外にも空手から見つかり始めました。

幼い頃の、無邪気な笑顔。
すれ違う人みんなをニコニコにした・・・
あの頃は、勝っても負けてもいないのに、「敵なし」だった・・・

NEXT ➡「勝負なし・比較なしで得意を引き出す」

<トップページへ戻る>