⇒ あなたのお子様が、自分で決めて、どんどんやり始める

60歳からが いよいよ楽しい

 「空手って、若くて元気な人がやるんでしょ?」とお思いの方、当館は違います。
「若い頃みたいにやろうとする」のではありません若さが勝っていては気付けない技を、今から発見し進歩する」のです。

私は「自分が強いかどうか?」にはあまり興味がない、空手の先生としては珍しいタイプです。空手が導く調和的な力が、日常の学びを深めてくれるのが面白く、それを深め、共有したいと道場を開いています。

※ みなさん、笑顔でお願いしまーす♪ カシャ!

 さて、社会人として「結果がすべて」という世界に長くいると、ストレスが蓄積され、心身に元気がなくなってくる方が多いようです。

稽古では、心身がスッキリして健康に向かうのはもちろん、「生命」や「身体」に対して、希望がもてる空手を追求しています。入会されて間もない方にもコロリと転がされたりすると、「人間って不思議!」と感動します。「相手を倒そう」と思うと、急に引っ掛かって出来なくなるのも、「あー、やっぱりね。」と分かる気がします。

※ 火曜 午前の部のみなさま

★「背中をまっすぐに。」
★「みんなと仲良く。」


柔らかい力で崩せる時は、そのようになっています。
子どもに言っていたこれらのメッセージの価値を、稽古をしながら自分で確認することになります。そして「この子が本当の力を発揮できますように」という愛と叡智が入ったメッセージだったと気付きます。

80歳になっても成長できる空手にたどり着いたと思います。

まさか自分が空手だなんて・・・!?」とお思いの方、体力に自信がない方、どうぞお気軽にご覧下さい。同じように思われていた方が稽古されていると思います。

※当館は、「祖母・母・娘」等と、3世代で来られているご家族が何組もおられます。


★★★ 稀有な会員様のご紹介 ★★★

 47年前、初代館長(橋英充)が道場を建てた時、一番弟子として入会された方がおられます。その方は会社を立ち上げ、その後、地元では知らない人はない程に大きく成長させ、隠居し、約40年ぶりに再び入会されました。
70歳台半ばになられてから、空手の型から衝突しない力が生まれるようになってきて、笑顔で首をかしげておられます。私にとって楽しい瞬間であり、且つ空手の深さに身の引き締まる瞬間でもあります。

NEXT ➡「料金・時間・年齢・アクセス・年間行事」

<トップページへ戻る>