キラキラ済んだ瞳の子どもたち、誠実で熱心な会員様。それが養真館の魅力です。

いじめになんか、負けない

養真館で空手を習っているお子さんから、お手紙を頂きました。ご本人に特別に許可を頂き、そのお手紙を公開させて頂きます。誤字脱字などあるかもしれませんが、原文そのままでご紹介します。


平田尚也(中学3年生)

中3の平田尚也です。僕が空手を始めた動機、それはいじめです。中1の頃、毎日のようにいじめにあってしまい、その年の10月ごろ、一週間くらい学校へ行けなくなってしまいました。

そして、年が明けて1月頃に、友達が空手をやっていると聞き、見学したあとに道場に通うようになりました。そして、稽古を続けるうちに、ある考えが浮かびました。それは「物事をめんどうくさいという事で片付けてしまうのは、いけない事ではないのか?」ということです。

例を挙げるなら部活動です。中学校に入る時はめんどうくさいという気持ちがあったので、運動部ではなく文化部に入部していました。しかし空手を続けて行く内に、それは間違っていると気付きました。

しかし部活を変える事ができませんでした。だから僕は空手をしっかりやって、部活と似たようなものを作っていこうと決心しました。今でもその気持ちは変わっていません。

そして現在、空手は6級となり勉強の成績もぐんぐん上がりました。いじめの方も少しずつなくなってきていますが、完全にはなくなっていません。

これからの自分は、物事に対して消極的ではなく、積極的に参加しようと思います。そのためにはまず、身近な事つまり空手を、しっかりやっていきたいと思います。

私立入試は成功に終わり、残すは県立入試のみとなりました。県立入試も空手を自分の支えとし、空手で育てた集中力をいかし、これを乗り切りたいと思います。

<トップページへ戻る>